自分の口臭が気になる!クサイかどうかをチェックする方法

口の臭いを嫌がる女性 Health

自分の体から発する臭いというのは誰もが客観的に判断しにくいもの。

ちなみに他人に不快な思いをさせるニオイの代表選手としてよく知られているのが加齢臭。

年齢からくる体の機能的な変化や衰えなどを起因とする加齢臭は中高年になれば誰でも生じるわけですが得てして本人は気付かなかったりします。

昔はそれほど問題視されていなかった加齢臭も無臭が当然という傾向が強い現代ではとやかく言われるようになり今では予防・対策グッズの類に頼る人が増えてきました。

でも他人に不快な思いをさせる臭いを出しているのは中高年のお父さんたちだけではありません。

誰もが強い臭いを発する可能性があり昔から「百年の恋も一瞬で冷める」と言われているのが口臭です。

ニンニクの入った料理をたくさん食べたときならともかく、自分の口の臭いが他人に不快感を与えるレベルなのかどうかはなかなか判断できませんよね。

普段から「自分は臭いに敏感」と思っている人でも自分の口臭は意外とわからないもの。

例えば口と鼻を手で覆って息を吐いてみても「何となく臭うような」とか「それほど臭わないかな」といった感じではないでしょうか。

でも、それは特定の人に限ったことではありません。 誰もが自分から継続して発生している臭いは、いくら臭くても気づかないようになっています。

ですからコップやビニール袋の中に自分の息を吐き出してチェックしたところで、他人が感じている「本当のクサさ」はわからないのです。

それでは自分の口臭をチェックするには「他人に臭いを嗅いでもらうしかないの?」と諦めることはありません。

最近は自分の口臭を客観的に判定してくれる強い味方があります。

それがタニタから発売されている口臭検知器「ブレスチェッカー」です。

手のひらサイズのコンパクトなブレスチェッカーは息を吹きかけるだけの簡単操作で、どこでも口臭チェックができる優れもの。

仕組みはいたってシンプルで、半導体センサーによって「揮発性硫化物や炭化水素系ガス」の濃度を測定し、レベル0~5までの6段階で瞬時に判定してくれます。

レベル0なら「口臭を感じない」という評価で数字が増えるにしたがって臭いが強くなり、最大のレベル5は「非常に強い口臭を感じる」というかなり深刻な状態です。

自分の口の臭いはとにかく自覚しにくいもの。

「もしかしたら自分の口臭が他人に不快感を与えているかも?」なんて考えるのも嫌ですよね。

なので、自ら発する臭いは自分で把握しておくのが一番。

デートの前や大事な会合、面談の直前など、ここぞというときにはブレスチェッカーで測定しておけば安心です。

「自分の口臭はクサイかもしれない」と独りで悩んでいるよりもブレスチェッカーで確認しておけばストレスも溜まりません。

なおブレスチェッカーでレベル5と判定された場合は徹底的に口臭対策を行う必要があります。

そこまでのレベルになったら自分の口臭の凄さを認識するために「ナタデウォッシュ」を試してみてはいかがでしょうか。

ナタデウォッシュは「臭いが見える」口内洗浄液で、想像をはるかに超えた汚れに絶句者が続出しています。

タイトルとURLをコピーしました