カシュクールワンピースでエレガントな大人の装いを

カシュクールワンピースの画像 Fashion

ワンピースとしてはもちろん、レギンスやデニムをレイヤードしたスタイリングも楽しめるカシュクールワンピースはエレガントな大人の女性を演出してくれる最高のアイテム。

胸元を強調するデザインのカシュクールワンピースは、さりげなく体型カバーもしてくれる優れものです。

春から秋までの3シーズン活躍してくれる便利なアイテムとして、熱い注目を集めているカシュクールワンピース。

バストラインや首筋を美しく見せてくれるカシュクールワンピースはエレガントな大人のファッションには欠かせない一着です。

そもそもカシュクールワンピースとはどんな洋服なのかというと、簡単に言えば肩から胸元にかけて前をクロスするように合わせたデザインのワンピースのこと。

ちなみに「カシュクール」という言葉自体は、フランス語で「胸を覆う」といった意味を持っています。

アパレル・ファッション用語集によると、バレリーナが練習するときに着用していたニットをルーツとするデザインなんだそうです。

具体的には着物のように前身頃を掛け合わせて巻きつけるスタイルの洋服で、これまでもエレガントな雰囲気を醸し出すファッションスタイルとして流行した時代がありました。

カシュクールワンピースがこの世に登場したのは1970年代のこと。

フェミニンかつノーブルなテイストで現在も高い人気を誇るダイアン・フォン・ファステンバーグという女性デザイナーによって生み出されました。

彼女の代名詞とも言えるラップドレスは正にカシュクールワンピースの基本形。

女性の身体を柔らかく包み込み美しいボディラインを演出してくれるラップドレスは、1970年代の半ばに500万着も販売され一大旋風を巻き起こしたというエピソードがあるほどです。

ちなみにカシュクールワンピースは見た目が上品なものが多いので、お嬢様系の着こなしはもちろん知的な女性らしさをアピールしたいときにも最適。

デザインやカラーのセレクト次第ではナチュラルコーディネートにもばっちりハマります。

もともとカシュクールはバストを強調してくれるデザインになっているため、胸元のボリュームが少なく悩んでいる方にもおすすめです。

なお今年は特にトレンドとして取り上げられている印象が強いカシュクールワンピですが、以前からの定番アイテムなのでベーシックなデザインを選べば長く着用できます。

またキャリア系ブランドはカシュクールワンピースを常に発表していることから、流行に左右されないアイテムということがわかると思います。

【カシュクールワンピースの着こなし&コーディネート】
バストラインをボリュームアップして見せたいなら、バストの下で紐を結ぶタイプやバストの下に切り替えが入ったデザインを選ぶのがおすすめ。

逆に胸が大きすぎるのでスッキリと見せたいという場合は、引き締め効果のある黒や濃紺などのダーク系カラーを選ぶのがポイントです。

ちなみにカジュアルな雰囲気で着こなすなら丈が短いタイプがおすすめ。

短め丈のカシュクールワンピースをレギンスやスキニーパンツ、ブーツとコーディネートすればカジュアル感が一気にアップします。

タイトルとURLをコピーしました