フケの原因と対策|不快なフケは頭皮トラブルの警告!

フケに悩む女性 Health

毎日しっかり丁寧に洗髪しているのに、自分では決して不潔にしているつもりはないのに、いつも肩には白いフケが。

気になるフケを防ぐためには、その原因を知っておくことが何よりも大切です。

日頃の食生活の見直しや正しい頭皮ケアなど、フケ防止の対策を日頃から心掛けておきましょう。

フケの原因を知って早急な対処を

フケの原因を知っておくことは日頃の予防対策にもつながります。

また、フケやかゆみは頭皮からの警告と捉えることが大切です。

そのままかまわず放っておくと頭皮が炎症を起こして、抜け毛や薄毛などの原因になってしまうこともあるのです。

そのためにもフケの原因を探り、早急に対処するように心掛けてください。

まずフケの正体についてですが、簡単に言うと頭皮から剥がれ落ちた古い角質細胞です。

頭皮は細胞が何層にも重なり合って構成されていますが、最下層にある基底細胞は毎日分裂を繰り返しています。

このため新しい層が作られると、古い層は皮膚表面へと次第に押し上げられていきます。

皮膚表面で角質化した古い細胞はやがて頭皮から剥がれ落ちていきますが、これがフケの正体というわけです。

このように、フケというのは角質化した古い細胞なので健康な状態の人でも発生しているのです。

ただし、層のサイクル(ターンオーバー)が正常な状態でのフケは、目に見えないほどの大きさなので通常は気になりません。

一方、ターンオーバーが乱れると剥がれ落ちる角質細胞も増えていくためフケが大量に発生し、更に目に見えるほどの大きさになります。

フケが発生する主な原因とは?

フケが発生する理由は様々あるのですが、主に以下に挙げたような原因が考えられます。

まず一般的に言われているのが洗髪の方法です。

特に洗髪力の強いシャンプーを使いすぎると頭皮が必要としている皮脂までも取り除いてしまい、皮膚が剥がれやすくなってしまう恐れがあります。

また爪でひっかくなど、頭皮に傷をつけるような髪の洗い方をしていると皮膚が剥がれやすくなるため、フケが発生する原因につながります。

更に、しっかりと髪の毛を洗っても十分にシャンプーやトリートメント、リンス剤を洗い流さないと炎症を起こすこともあり、これもフケの原因となってしまいます。

そして睡眠不足や疲労蓄積、ストレスによる体調不良、日頃の食生活における栄養の偏りも原因となります。

なお、頭皮を不潔にしているとフケの発生につながるのは言うまでもありませんが、カビの感染が原因となっていることもあります。

それが脂漏性皮膚炎というもので、特に皮脂が多く分泌する人にみられるものです。

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂をエサにするマラセチア菌の増殖によるもので、炎症で頭皮がかゆくなったりフケが増えたりします(フケ症といわれる症状です)。

これには日常の生活習慣も大きく影響しており、睡眠不足やストレス、脂っこい食事や野菜不足などが原因となっている場合が多いようです。

これらフケの原因に心当たりのある方は早速見直して、1日も早くフケの発生を抑えるようにしましょう。

フケを抑える効果的な対策について

これまでに解説したとおりフケが発生する原因は様々ですが、心当たりがあればすぐにでも見直すようにしましょう。

また、原因となることを見直すとともにフケを発生させないための日頃の対策も重要です。

特に気をつけたいのが心身の安定と規則正しい生活を心がけることです。

過度の疲れやストレスが溜まると皮膚に異常をきたす人も多く、フケだけでなく頭皮のかゆみの原因にもなります。

そして、生活のリズムを整えるとともにバランスのとれた食生活を送ることも非常に重要ですので、少しずつでも見直していくようにしましょう。

ちなみに、フケや頭皮のかゆみを予防するにはビタミンBが豊富な有色野菜を摂取するのがおすすめです。

逆に脂分が多く含まれる食品や刺激の強い調味料等は控えるようにしてください。

次にフケの原因としてあげられることの多い洗髪についてですが、まずはシャンプー選びから見直すと良いでしょう。

ひと口にフケと言っても脂性と乾性の2種類に大きく分類され、それによってシャンプーの選び方も異なってきます。

脂性の方はさっぱりした洗い上げの洗浄力が強いものが良いのに対し、乾性の方は頭皮が乾燥するのを防ぐシャンプーが良いでしょう。

その他、マラセチア菌を原因とするフケ症で悩んでいる方も多いと思いますが、最近ではフケの原因菌の増殖を抑える抗真菌剤を配合したシャンプーも販売されています。

タイトルとURLをコピーしました