サロペットの着こなし方とコーディネート

サロペットの画像 Fashion

気軽に着られて動きやすいサロペットは、カジュアル系のファッションに欠かせないアイテム。

着回し度も高いので、ワードローブにプラスしておくとかなり重宝します。

ここ数年、サロペットの人気が高まって多数のブランドから販売されていますが、ひと口にサロペットと言ってもタイプは様々です。

ゆったりとしたボリューム感のあるタイプやスッキリとした細めのタイプ、デニムやコーデュロイ、レーヨンなど素材によっても雰囲気はだいぶ変わってきます。

なので、自分が目指す「こんな感じで着こなしたいな」というスタイルにマッチしたサロペットを選んで、それに合わせてトップスやシューズをチョイスするのがポイント。

当ブログではサロペットの着こなし方やコーディネートのポイント、人気ブランドをご紹介しています。

サロペットの着こなし方のポイント

サロペットはガーリーなスタイルにぴったりのアイテムです。

でも、ガーリーなスタイルとひと口に言っても、色んなタイプがありますよね。

フェミニン系のガーリースタイルでとことん女の子らしい雰囲気を醸しだすか、それともちょっとカジュアルなガーリースタイルで元気で爽やかなイメージにするか、目指すスタイルによって着こなし方はずいぶん変わってきます。

なので、サロペットの着こなし方やコーディネートで悩んだら、まずは自分の望むスタイルのサロペットを選ぶことが大切です。

例えば、フェミニンな雰囲気を醸し出したい場合は、フリルの付いた淡いカラーのサロペットなどがおすすめ。

さらに、そのサロペットに合わせるトップスも、とことん甘めに。

もしもサロペットがスカートタイプなら、ふんわりとした袖のブラウスと合わせれば、一気にフェミニン度高めのコーディネートが完成します。

また、カジュアルな雰囲気で着こなしたい場合は、デニム生地のサロペットがおすすめです。

ただし、デニム生地のサロペットは、ボーイッシュ感が出過ぎないように要注意(ボーイッシュなスタイルを目指すなら問題ないですが)。

特にゆったりしたタイプのサロペットは、どうしてもボーイッシュ感が強くなりがち。

なので、ボーイッシュ感は出したくないという場合は、ボリュームの少ないサロペットを選ぶのがポイントです。

カジュアルなガーリースタイルを目指すなら、トップスに優しいカラーのアイテムを合わせて女の子らしさをアップ。

ちょっとクールなスタイルを目指すなら、胸当てが付いていないサロペット(胸当てが取り外し可能なものもあります)や、胸当てが少し浅めのタイプがおすすめ。

クールな雰囲気で着こなす場合、全体のシルエットをタイトにするのもポイントです。

ちなみに、全身をシックな色のアイテムだけでまとめてしまうと、クールな印象ばかりが強く出過ぎてしまいます。

全体をクールにまとめても少しだけ可愛らしい雰囲気を醸し出すなら、淡い色合いのアイテムをひとつプラスするといいですよ。

サロペットのコーディネートのポイント

気軽に着られてとにかく楽ちんのサロペットは、自由自在に幅広いコーディネートが楽しめます。

でも、組み合わせるアイテムによってイメージはガラリと変わってくるので、トップスや足元のアイテムは自分の目指すスタイルに合ったものをチョイスしましょう。

サロペットの代表的な素材といえばデニム生地。

デニム生地のサロペットを着てカジュアルな雰囲気でまとめるなら、合わせるトップスは半袖Tシャツをはじめ、ロンTも七分袖Tシャツもマッチします。

ただし、デニム生地のサロペットを着たときに、トップスをどんな色合いにすればよいかは、一概には言えません。

なぜなら、デニム生地のサロペットは、商品によって色落ちの度合いが違うからです。

デニムの色が濃いめのサロペットにダークな色のトップスを合わせると全体が重い印象になってしまいますし、色が淡めのサロペットに同色系のトップスを合わせると全体がぼんやりしてしまいます。

そのため、トップスの色はサロペットの色とのバランスを考えて決めるのが鉄則です。

また、トップスの色は季節感のあるカラーを選ぶのもポイント。

例えば春夏シーズンの場合は、淡い色めのサロペットにベージュやホワイトのトップスを。

秋冬シーズンの場合は、濃い色めのサロペットにブラウンやブラックのトップスを合わせるという感じです。

もちろん、トップスに季節感のあるカラーを持ってくるのは、デニム生地のサロペットだけに言えることではありませんが、ほんの少し意識するだけでコーディネートが格上げされます。

ちなみに、カジュアルなコーディネートでまとめる場合、足元に合わせる定番アイテムといえばスニーカーです。

ただし、ひざ下丈のサロペットスカートにスニーカーを合わせると、ちょっと重い感じになるかもしれません。

そんなときは、ヒールサンダルにするとスッキリとした印象になるのでおすすめです。

秋冬シーズンのサロペットのコーディネートなら、足元にブーツを合わせるのもいいですね。

もちろん秋冬シーズンに限らず、暖かい時期に春ブーツやサマーブーツとコーディネートするのも良いですが、足元にブーツを持ってくるときはミニボトムのサロペットが好相性です。

サロペットの人気ブランド

毎シーズン安定した人気を集め、今や定番アイテムとなっているサロペット。

注目度がアップしたのはまだ数年前のことですが、それより前からいくつかのブランドがサロペットを手掛けていました。

ただ、サロペットのデザインは今ほど豊富ではなく、どのブランドも比較的近い形のサロペットを展開。

そんな中で、独自性のあるサロペットを販売していたブランドがAntgauge(アントゲージ)です。

もともと仕事着をベースになっているサロペットを、アントゲージはとても可愛らしいデザインに仕上げていました。

中でもアントゲージのバルーンスカートタイプのサロペットは、他のブランドとは一線を画すとても個性の強いデザインが特徴的でした。

ちなみに、今もアントゲージは様々なサロペットを展開していて、新作が出るたびに人気を集めています。

特にデニム生地を使用したサロペットが多く、インディゴ染めの絶妙の色合いが素敵です。

ナチュラルなスタイルや、程よいルーズ感とワークな雰囲気でサロペットを着こなしたい方に、アントゲージはおすすめです。

また、クロエのサロペットも人気が高く、中でもデニムサロペットスカートは、大人カジュアルな雰囲気がウケています。

発売当初、通販ショップでは品薄状態になっていたほどの人気で、売れ筋サイズはほとんどのショップが完売していました。

クロエのデニムサロペットは、パーカーやカットソーとも相性が良く、サスペンダーが取り外せるのも人気のポイントです。

サスペンダーを取り外せば、さらにコーディネートの幅が広がります。

その他、WEGO、KBF、Kelen、soulberry、Honeysなど、人気ブランドのサロペットも注目度高めです。

ブランドによって、細かなディティールにこだわったサロペットや、ラフな大人カジュアルにぴったりのサロペット、大人かわいいリラックス感たっぷりのサロペットなど、デザインやフォルムは様々。

なので、ガーリーライクなスタイルで決めるか、それとも大人っぽい雰囲気にするか、自分が目指すファッションをイメージして、それにマッチしたブランドを選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました