スカジャンおすすめブランド|高品質でかっこいい定番人気をご紹介

スカジャンの虎の刺繍 Fashion

オリエンタルテイストの刺繍が目を惹くスカジャンは、圧倒的な存在感を放つファッションアイテム。

当ブログではウエアハウスやフラットヘッド、テーラー東洋などスカジャンの定番人気ブランドをご紹介しています。

WAREHOUSE(ウエアハウス)のスカジャン

ヴィンテージを徹底的に追求した完成度の高いスカジャンで今も絶大な支持を得ているブランドがWAREHOUSE(ウエアハウス)です。

ある意味「究極」との呼び声も高いウエアハウスのスカジャンは、入荷しても即完売のショップが続出するほどの人気を誇ります。

ウエアハウスといえば一切の妥協も許さない物作りで常にクオリティの高い製品を展開しているブランド。

これまでもジーンズやスウェット、Tシャツなど、数々のヴィンテージレプリカの名作を作り上げてきました。

そんなウエアハウスが手掛けるスカジャンは他のアイテムと同様にヴィンテージライクな風合いを見事に表現しています。

スカジャンの魅力を一言で表すのは非常に困難ですが、手の込んだ美しい刺繍は見所の一つと言ってもいいでしょう。

ウエアハウスのスカジャンに施されている刺繍は、ヴィンテージ感溢れる豊かな表現力に定評があります。

どこか温もりの感じられる刺繍はミシンを一切使用せず全て熟練職人の手作業によるもの。

いわゆる手差し刺繍という方法で惜しみなく手間を掛けて作り出された贅沢な刺繍というわけです。

ウエアハウスが便利なコンピューター刺繍ではなく時間のかかる手差し刺繍を採用しているのは「ヴィンテージ感をとことん追求しているため」というのが理由です。

1940年代~1950年代に存在したスカジャンを忠実に復刻しているわけですから、当然のことながら刺繍糸の解れや糸飛び等も発生します。

また、同じデザインの商品であっても図柄が微妙に異なることもありますが、これもウエアハウスのスカジャンの醍醐味なのです。

THE FLATHEAD(フラットヘッド)のスカジャン

レーヨンサテン素材の柔らかな質感と芸術的な刺繍を施したスカジャンで「最高の出来栄え」との呼び声が高いブランドがTHE FLATHEAD(フラットヘッド)。

アメリカンカジュアルのスタンダードとしてお馴染みのフラットヘッドは、1950年代を中心とした古き良き時代のアメリカンテイストをベースに、現在と過去の融合をテーマに物作りを展開しているブランドです。

クオリティの高いジーンズやレザーアイテムで人気を集めるフラットヘッドですが、同ブランドが手掛けるスカジャンも仕立ての良さには定評があります。

国内ブランドならではの日本人の体型を考慮したシルエット、高度な縫製技術によって実現される優れた耐久性、そして抜群の着心地の良さをフラットヘッドのスカジャンは持ち合わせています。

屈強な作りと美しく精巧な刺繍など熟練の職人が生み出すフラットヘッドのスカジャンは、レプリカブランドの中でトップクラスといっても過言ではありません。

1996年に設立し既に10年以上の歴史を持つフラットヘッド(THE FLATHEAD)は、徹底した素材へのこだわりと職人気質な物作りで多くのファンを魅了しているブランドです。

そんなフラットヘッドが手掛けるスカジャンに採用されているサテン生地はシャトル織機で丁寧に織り上げたオリジナルレーヨンサテン。

フラットヘッドのスカジャンは生地の重量感や表面の美しい光沢、そして旧式の織機による独特の風合いが魅力です。

ちなみに現代の量産向き織機に比べるとシャトル織機の生産効率は非常に悪く、1日に織ることができるのはわずか1反にも足りません。

しかしフラットヘッドのスカジャンには大量生産を目的とした物作りでは決して表現できない味があり、そこには一切の妥協も許さないフラットヘッドのプライドを見ることができます。

なお、これだけ手の込んだスカジャンですから、当然値段はそれなりに高くなります(感覚的にはテーラー東洋の倍近いです)。

値段は高いですが世間一般のスカジャンとは一線を画す雰囲気を持っていますし、流行り廃りが無いアイテムなので長い目で見れば絶対に値段以上の価値はあります。

TAILOR TOYO(テーラー東洋のスカジャン

スカジャンを着てみたいけど、どのブランドを選べばいいのか迷っているという方にはテーラー東洋がおすすめです。

ひと口にスカジャンといっても値段の幅は広いのですが、素材や仕立てのレベルが思いっきり値段に反映されます。

試しにテーラー東洋のスカジャンと安物の商品をぜひ見比べてみてください。

実際に手に取って比べてみるのが一番いいですが、ネット通販サイトの画像を見比べてみてもその違いは十分伝わるはずです。

もちろん、入門用として買うなら手頃な値段のスカジャンでもいいと思います。

でも上質な素材とスカジャンの命とも言える刺繍にこだわるなら、値段は若干高くても本格的な作りのスカジャンを手に入れるべきです。

ところで良質なスカジャンを製造しているブランドは他にもありますが、その中でなぜテーラー東洋がおすすめなのか?

その理由はテーラー東洋は前身である港商商会の頃から半世紀以上もの長きにわたってスカジャンを作り続けている老舗ブランドであるということ。

つまり1950年代にスカジャンを生産していたテーラー東洋の商品は正にスタンダードと呼ぶに相応しいというわけです。

実際、テーラー東洋の莫大な資料と熟練の技術から創り出されるスカジャンは、ヴィンテージ物と比べても決して引けを取らないクオリティの高さを誇ります。

そんなわけで初めてスカジャンを買う際に「特に目ぼしいブランドはないけど品質が高い物が欲しい」という場合はテーラー東洋を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにスカジャンはダボついた感じで着ているとカッコ悪いのでサイズを選ぶ際は注意してください。

特にネット通販サイトで購入するときは試着ができないため要注意。

ネットで買う場合はジャストサイズに近い手持ちのジャケットで身幅や肩幅などをしっかり測ってから注文すれば間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました