タイパンツの着こなし方とコーディネート

タイパンツの画像 Fashion

アジアンファッションがブームとなっている中で、最近注目されているアイテムがタイパンツ。

着心地が楽なので部屋着としても大人気です。

タイパンツは、もともとタイの漁師さんたちが穿いていたそうで、フィッシャーマンパンツやサバーイパンツなどと呼ばれています。

素材はコットンをはじめとし、リネンやレーヨンなど様々。

タイパンツは暑い国の人たちが着る衣料品なので風通しもよく、夏場は涼しく快適に過ごせます。

厚手の生地を使ったタイパンツもあるので、もちろん秋冬のリラックスウエアとしても着用可能。

アジアン、エスニックファッションが好きな方だけでなく、オールシーズン着られるタイパンツは一枚持っているだけで重宝するアイテムです。

当ブログでは、タイパンツの着こなし方やコーディネート、基本的な穿き方などをご紹介しています。

タイパンツでアーバンリゾート風の着こなしを

アジアンスタイルに限らず、着こなし方やコーディネートによって、様々な表情を見せてくれるのがタイパンツの魅力。

例えばシンプルな黒一色のタイパンツなら、都会的な要素とリゾートスタイルをミックスした着こなしが楽しめます。

今回紹介する着こなしは全体をモノトーンにまとめるのがポイントで、まずはトップスにタンクトップを一枚。

もちろんTシャツでもいいのですが、リゾート風を演出するには首周りがちょっと広めになっていた方が涼しげな雰囲気になります。

なので基本はタンクトップで、Tシャツを合わせる場合は首周りが広めになっているタイプがオススメです。

また、タイパンツの「黒」を最も強い色にしたいので、タンクトップのカラーは薄めのグレーなどがおすすめ。

そして、グレーのタンクトップの上には半袖のシャツを。

色は爽やかな白を選んで、フロントのボタンは全てオープン。

シャツの着丈は長めのタイプよりも、腰あたりまでのショート丈にしたほうが、断然軽やかな雰囲気になります。

リゾート風の着こなしなので、足元に合わせるのは当然サンダル。

全体をモノトーンでシックな方向にまとめていくため、装飾が施されているタイプよりもシンプルなデザインを選ぶほうがいいでしょう。

サンダルのカラーはタイパンツと同色でもいいですが、ちょっとした変化をつけるなら茶系のサンダル。

茶系といってもあまり明るめの色ではなく、濃い目を選んだほうが全体的にしっくりと決まります。

これだけでも十分にアーバンリゾート風な着こなしになっていると思いますが、もうひとつプラスしたいアイテムがあります。

それがパナマ帽。

夏を感じさせるパナマ帽をひとつ加えるだけで、リゾートな雰囲気が一気にアップ。

もちろん最近流行りのカンカン帽でもいいですが、帽子を選ぶときはツバの幅が広くない「小つばタイプ」にしたほうがマッチします。

更に、首元や腕に夏っぽさの感じられるアクセサリーを着けてみるのもいいと思います。

こんな感じでタイパンツをリゾート風に着こなすポイントを紹介しましたが、あくまでも一例ですので、これをもとに各個人でアレンジを加えて自分なりの着こなしを楽しんでください。

アジアン、エスニックスタイル以外の着こなしを探していた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

タイパンツの着こなし方のポイント

タイパンツの着こなしは、あまり気取らずシンプルに。

楽な感じで着こなすのが一番です。

そもそもタイパンツを購入しようと考えている人のほとんどは、動きやすさとラフなはき心地を求めているはず。

なので、基本的にはカッチリとしたスタイルとは対極にある、ゆるい着こなしを楽しむのが正解。

何しろタイパンツは究極のリラックスパンツですからね。

では、ラフな雰囲気でタイパンツを着こなすためには、どんなコーディネートをすればいいのか?

もしも全身からリラックスムードが漂うようなスタイルにするなら、たっぷりとしたワンサイズ上のTシャツなどと合わせて、とことんラフな着こなしに。

更にトータルでエスニックモードを醸しだすなら、アジアンファッション系のショップで取り扱っているトップスを合わせるのが最も手軽な方法。

ただし、タイパンツとトップスの柄の組み合わせに方は、ちょっと気を使っておいた方がいいかもしれません。

上下が無地なら特に問題はないのですが、トップスとタイパンツの両方に柄物を持ってくると、まとまりの悪い印象になりがちです。

基本的にはトップスが柄物ならタイパンツは無地、逆にタイパンツが柄物ならトップスは無地にしたほうが無難だと思います。

また、カジュアルな雰囲気でタイパンツを着こなしたいという場合には、あまり着丈の長くないTシャツを合わせるのがポイントです。

せっかくリラックス感のあるタイパンツなので、あまりタイトなトップスを合わせる必要はありませんが、できるだけ上半身をコンパクトにまとめると、タイパンツのボリューム感が生かされて絶妙なバランスになりますよ。

ちなみにTシャツは半袖、ロンTどちらもありですが、七分袖や八分袖のTシャツも意外とタイパンツにマッチするので試してみてはいかがでしょうか。

その他、Tシャツの上にジレを羽織ったり、タイパンツと相性が良いターバンタイプのヘアバンドを使うのもおすすめです。

タイパンツを取り入れたシンプルなコーディネート

タイパンツのオーソドックスなコーディネートといえば、トップスにTシャツを1枚着たスタイル。

春夏シーズンの一番ベーシックなコーディネートですよね。

タイパンツの着こなし方やコーディネートで悩んだら、最もシンプルなこのスタイルがお勧め。

タイパンツ初心者の方にも最適ですし、何より手持ちのアイテムで手軽にコーディネートが可能です。

もちろんタイパンツの色や柄にもよりますが、基本的にはシンプルなTシャツやカットソーを合わせれば、違和感のないコーディネートになります。

デザイン・素材的にエスニックな雰囲気を醸し出すなら、タイダイやヘンプものをトップスに持ってくるのもいいですね。

ちなみに、タイパンツとTシャツの組み合わせ方については、上下とも無地というパターンが最も多いと思います。

上下無地の組み合わせはタイパンツの定番コーデですが、シンプルなだけにちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

そんなときは存在感のあるネックレスで首元にアクセントを。

当然のことながらタイパンツのコーディネートに取り入れるアクセサリーなので、洗練されたシルバーアクセよりも、エスニック・アジアンファッション系アクセサリーの方がマッチしますよね。

なお、タイパンツの種類が多すぎて、どれを選んだらいいかわからないという場合は、色が濃い目の無地タイプにしておくとコーディネートがしやすいです。

黒や濃紺、深い緑やエンジ色など、濃い目カラーのタイパンツをチョイスして、トップスにはTシャツを1枚。

合わせるTシャツの色で悩んだら、夏場は爽やかな白がおすすめです。

更に変化をつけるなら、タイパンツやTシャツとは対照的に、ちょっと鮮やか系の小物をプラスするのがポイント。

全体的にシンプルなカラーでまとめているので、鮮やかな色合いのアクセサリーやバッグなどを加えても、うるさい印象にはなりません。

タイトルとURLをコピーしました