頭皮の臭いの原因と対策・予防方法について

頭皮の臭いを嫌がる女性 Health

頭皮の気になる臭いを防ぐためには、まずその原因をしっかりと把握しておくことが大切です。

食生活の見直しや正しいケアなど、頭皮の臭い対策を日頃から心掛けておきましょう。

頭皮の臭いの原因とは?

頭髪の臭いは髪の毛に臭い物質が付着することで発生しますが、これに対して頭皮の臭いは頭皮そのものに原因があるのです。

その原因とは多くの場合が過剰な皮脂の分泌であり、日頃の食生活に大きく関係しています。

普段の食生活において肉類等の動物性脂肪を多く摂っていると、頭部の皮脂が過剰に分泌するようになります。

このため、日頃から肉類を多く摂取している方は食生活を見直すことを考えてみてください。

また、頭部に汗や皮脂が分泌されると、これに伴って古い角質も剥がれ落ちます。

これらが混ざったものが、いわゆる「フケ」ですが、フケも頭皮の臭いを発生させる原因の一つとなっています。

ただしフケそのものに強い臭いがあるわけではありません。

フケが頭皮の臭いの原因となる雑菌を増殖させてしまうのです。

特に乾燥したフケよりも、湿り気のある脂っぽい「湿性フケ」は、強い臭いを発する原因となります。

とは言っても頭皮はもともと脂っぽい状態になりがちです。

シャンプーでしっかりと洗髪したつもりであっても、実際には皮脂をきちんと落としきれていないこともあります。

頭皮の臭いを防ぐには、皮脂を過剰に分泌させないように食生活を見直し、丁寧な洗髪によって頭皮を清潔に保つことが大切です。

なお、一般的なシャンプーは髪の表面を洗うものが多く、頭皮の臭いまで取りきれないものがほとんどです。

また、頭皮専用として販売されているシャンプーについては、脂分を落としてサッパリ感を与えるものが主流であり、毎日継続して使用すると必要以上に脂分を取り除いてしまいます。

このため、頭皮の臭い対策として使用するシャンプーは、毛髪の汚れを落とすだけでなく、毛根に付着している汚れや毛穴に詰まっている皮脂をしっかりと取り除けるものを選ぶことが大切です。

【頭皮の臭いに効くシャンプー】
男性用:ヘアメディカル・スカルプD
毛穴の奥まで徹底的に汚れを落とし、頭皮の臭い予防だけでなく健康的な髪の成長もサポートしてくれるシャンプーです。

女性用:ジャムウ・スカルプシャンプー
頭皮臭やベタつきの原因となる「毛穴の汚れ」「皮脂の汚れ」をしっかり洗い流し、健康的なサラツヤ髪をサポートしてくれるシャンプーです。

頭皮の臭い予防には日頃の対策が重要

頭皮の臭いがひどくならないようにするためには、やはり日頃の対策が重要です。

自分の頭皮の臭いは、なかなか気付かないもの。

自分で気付くようになったときには、かなり臭いが強くなっていると考えてください。

まず、はじめに頭皮の臭いを防ぐための日常的な対策として、最も大切なのが洗髪です。

毎日の洗髪で臭いの原因となる頭皮の汚れや脂、フケをしっかりと洗い流してください。

洗髪をするときは、爪を立てずに指の腹で頭皮を丁寧にマッサージするつもりで洗いましょう。

また、頭皮にシャンプーやトリートメント、リンス剤などが残ることがないよう、よくすすぐことも大切なポイントです。

シャンプー剤が残ることも地肌の荒れや、臭いのもととなるフケを発生させてしまう原因となります。

トリートメント剤については、あくまでも髪の毛に染み込ませるものなので、頭皮に残ることがないよう十分に洗い流しましょう。

そして、頭皮の臭いをケアするためには洗髪後も気を抜いてはいけません。

髪の毛が濡れたまま放置しておくと空気中のホコリ等が付着し、これも頭皮の臭いの原因となります。

髪の毛だけでなく、頭皮自体が濡れていると雑菌も発生しやすくなるため、洗髪後は速やかにきちんと乾かすことが大切です。

毎日の洗髪を怠らないよう心掛け、頭皮の臭いを防ぐようにしましょう。

頭皮の臭いが気になりだしたら早めの対策を!

頭皮の臭いが気になりはじめると、人が密集する場所などは避けたくなってしまうものです。

頭皮の臭いは自分自身ではわかりづらいため、周りから教えてもらってはじめて気付いたなんてこともよくあることです。

「自分の臭いが周りの人にイヤな思いをさせているのでは?」などと必要以上に気にかけてしまうのも無理がないでしょう。

そうは言っても気づいた以上は臭いを防止する対策が必要です。

ただし頭から発する臭いには、頭皮の臭いと頭髪の臭いがあります。

そして頭皮の臭いと頭髪の臭いとではその原因が大きく異なるため、対策の方法も違ってくるのです。

周囲の人から指摘され自分ではてっきり頭皮の臭いだと思っていても、実際には髪の毛の臭いだったということも少なくありません。

頭髪の臭いというと髪の毛そのものから発する臭いだと思うかもしれませんが、実は髪の毛が空気中に浮遊している臭い物質を吸着することが原因となっているのです。

特に髪の毛が傷んだ状態(枝毛や切れ毛)では、この臭いの元となる物質が付きやすくなるため、頭部からイヤな臭いを発することとなります。

ですから頭髪の臭いを防ぐためには、髪の毛を痛める行為をやめることが大切なのです。

必要以上の洗髪やドライヤーのかけすぎなど、もしも心当たりがある場合は、髪の毛をいたわるように今日から心掛けてください。

このように、頭皮の臭いだと思っていても実は頭髪の臭いだということもあるで、「最近なんとなく頭部が臭ってきた」と感じたら、髪の毛に対する日頃のケアも見直してみてください。

なお、洗髪後の濡れた髪をできるだけ早く乾かすにはドライタオルキャップがあると便利です。

極細繊維の毛細管現象で素早く水分を吸収してくれるので、ドライヤーを長時間使用する必要がなく、髪の毛が傷みにくくなります。

電気代の節約にもつながりますから、ぜひ使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました